行進曲「海を越える握手」

行進曲「海を越える握手」
販売価格 5,500円(税込)
型番 M2-0804401

この楽譜について

・M2-0804401
・作曲:J.P.スーザ
・編曲:巽 俊裕
・編成:吹奏楽
・グレード:中級

【楽器編成】*→option
  • Piccolo
  • Flute 1
  • Flute 2
  • *Oboe
  • *Bassoon
  • *Clarinet in E♭
  • Clarinet in B♭ 1
  • Clarinet in B♭ 2
  • Clarinet in B♭ 3
  • * Eb Alto Clarinet
  • Bass Clarinet
  • Alto Sax 1
  • Alto Sax 2
  • Tenor Sax
  • Baritone Sax
  • Trumpet in B♭ 1
  • Trumpet in B♭ 2
  • Trumpet in B♭ 3
  • Horn in F 1.2
  • Horn in F 3(*.4)
  • Trombone 1
  • Trombone 2
  • Trombone 3
  • Euphonium
  • Tuba
  • *Contrabass
  • Timpani
  • Percussion 1(Snere Drum)
  • Percussion 2(Bass Drum)
  • Percussion 3(Cymbals Triangle)
  • Percussion 3(Glockenspiel)
  • Drums

編曲者より

「海を越える握手」(Hands Across the Sea)は、元アメリカ海兵隊音楽隊隊長のジョン・フィリップ・スーザが作曲した行進曲です。

1900年のパリ万国博覧会のための作品で、曲は1899年に作曲されました。
同年に初演され、聴衆が足を踏み鳴らし興奮し続けたため、3度も演奏を行ったと言われています。

1898年に勃発したアメリカとスペインの戦争、いわゆる米西戦争で、マニラ湾のアメリカ海軍のデューイ提督に、イギリスのチチェスター艦長が救いの手を差し伸べ、その友情をたたえて作曲されたものだという説があります。しかし実際には楽譜の表紙に印刷されている、ある戯曲の言葉「ある考えがわたしの心にひらめた・・・永遠の友情を約束しよう」という言葉にインスピレーションを得たというのが真実のようです。戦争を背景に生まれた作品ですが、現在では国際的な友情をたたえた行進曲として、海外親善の催しなどでしばしば演奏されています。

この編曲では行進用はもちろん、コンサートでも演奏できるようにし、演奏会でも華やかさを演出してくれるでしょう。オープニングやアンコールにいかがでしょうか。

サンプル楽譜のダウンロード

楽譜サンプル(スコア)をダウンロードする

サンプル音源を試聴できます