行進曲「雷神」

行進曲「雷神」
販売価格 5,500円(税込)
型番 M2-0804201

この楽譜について

・M2-0804201
・作曲:J.P.スーザ
・編曲:巽 俊裕
・編成:吹奏楽
・グレード:中級

【楽器編成】*→option
  • Piccolo
  • Flute 1
  • Flute 2
  • *Oboe
  • *Bassoon
  • *Clarinet in E♭
  • Clarinet in B♭ 1
  • Clarinet in B♭ 2
  • Clarinet in B♭ 3
  • * Eb Alto Clarinet
  • Bass Clarinet
  • Alto Sax 1
  • Alto Sax 2
  • Tenor Sax
  • Baritone Sax
  • Trumpet in B♭ 1
  • Trumpet in B♭ 2
  • Trumpet in B♭ 3
  • Horn in F 1.2
  • Horn in F 3(*.4)
  • Trombone 1
  • Trombone 2
  • Trombone 3
  • Euphonium
  • Tuba
  • *Contrabass
  • Timpani
  • Percussion 1(Snere Drum)
  • Percussion 2(Cymbals Bass Drum)
  • Percussion 3(Glockenspiel)
  • Drums


編曲者より


「雷神」(らいじん、英語: The Thunderer)は、ジョン・フィリップ・スーザ作曲の行進曲。1889年に作曲されました。日本語では「雷神行進曲」、「ザ・サンダラー」と呼ばれることもあります。
曲名の「雷神」とは、雷を武器として操るギリシャ神話の主神ゼウス(ローマ神話のユーピテル)のことです。曲名の由来は、公的には明らかにされていませんが、楽譜に記されたドラムとビューグルの爆発(的効果)からこの名が付けられたものと考えられています。この曲は、スーザの作品として最もよく知られた作品のひとつであり、また、比較的演奏しやすい曲でもあります。1968年から1972年にかけて、アメリカ合衆国のABCニュースは、この曲を選挙のテーマとして使用していました。
この作品は、スーザの多くの作品と同じような構成になっていますが、スーザが最も早い時期に生み出した「明確にアメリカらしいサウンドの行進曲」です。この行進曲は、スーザの他の曲と同様の標準的な形式(IAABBCDCDC)をとっています。日本にも早くから紹介されており、今日でも吹奏楽曲として演奏される機会が頻繁にあります。 1956年には、選抜高等学校野球大会入場行進曲に使用されました。
この編曲では行進用はもちろん、コンサートでも演奏できるようにし、演奏会でも華やかさを演出してくれるでしょう。オープニングやアンコールにいかがでしょうか。

サンプル楽譜のダウンロード

楽譜サンプル(スコア)をダウンロードする

サンプル音源を試聴できます