検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

カレンダー

2017年11月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※赤字は休業日です

SSLサーバー証明書

作曲編曲家紹介

作曲編曲家紹介 » 青山るり
青山るり

青山 るり(Ruri Aoyama)

千葉県市川市に生まれる。市立習志野高等学校にてクラリネットを担当。
クラシック音楽をもっと身近なものにしたいと思い、編曲に興味を持つ。
武蔵野音楽大学作曲学科に進み、ピアノを板垣恭子氏、作曲を田村 徹氏に師事。
卒業後 ㈱プリマ楽器にてオカリーナ曲集の編曲に携わり、現在はフリーで吹奏楽、室内楽、民族音楽、ダンス音楽などの編曲および研究を行っている。
また、2001年よりバロック音楽、リコーダーを安井 敬氏に師事。 市内でリコーダー合奏の指導も行っている。


弊社取扱 作品

» 青山るり先生の弊社取扱作品はこちら
» 弊社で取り扱っている楽譜リストをダウンロードできます 楽譜販売エムツープラン 商品カタログダウンロード(青山るり)



アレンジについて

私は中学、高校と、多くの人と同じように吹奏楽を体験してきました。
ただその中でもクラシックの曲を吹いている時がより楽しく、もっと色々な曲を吹きたいと思うようになりました。
日本では吹奏楽という形が戦後独自の発展を遂げましたが、この編成でも十分にクラシック音楽の良さを味わうことが出来ると感じていました。
また、素晴らしい音楽をオーケストラという形だけでなく、もっと多くの人に知ってもらいたい、ぜひとも体験してもらいたいと思い、作曲の道に進みました。
どのように曲が作られているのか、そのプロセスを知ることは、アレンジをする上でとても重要なことだからです。
実際多くの作曲家は曲を作る時にピアノスケッチをします。
そのスケッチを元にオーケストラをはじめ、思い描いている編成へアレンジを加えながら清書していくのです。
ですから最初のアレンジャーは作曲家自身と言っても過言ではないでしょう。
それに加えて興味深いのは、一つの作品を複数の編成に自ら編曲している作曲家がいることです。
それは私達に演奏する可能性を広げてくれるものです。
ですから私達が関わるアレンジは吹奏楽編成に限ったことではありません。

微力ながらこれらの作品を通して、それぞれの作曲家本来の曲の素晴らしさ、演奏する楽しさ、など少しでも感じて頂ければ幸いです。