検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

カレンダー

2017年9月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年10月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

※赤字は休業日です

SSLサーバー証明書

作曲編曲家紹介

作曲編曲家紹介 » 坂本文郎
坂本文郎

坂本 文郎(Ayao Sakamoto)

1957年3月31日長崎市に生まれる。フルートを山口平八郎・峯岸壮一両氏に師事。洗足学園大学フルート科で学び、1980年同大学を卒業。
その後4年間、兵庫県・千葉両県で教職員生活をし、1984年に渡欧。ウィーン国立音楽大学指揮科にてカール・エステライヒャー教授に、指揮法・楽曲分析を学ぶ。
1988年帰国後、大分に居住。観客に密着した新しい形の演奏会の必要性を提唱し、各地で企画演奏会に力を入れている。
企画演奏会の都合上、新作品を演奏することも多く、近年では田村徹氏の「やまあいの蒸気機関車」、音楽物語「ごんぎつね」等の初演がある。
関東・九州では、アマチュア楽団の指揮にも携わり、指揮法指導・合唱指揮の他、楽曲分析を重視した数々の古典の編曲でも実績をあげている。


弊社取扱 作品

» 坂本文郎先生の弊社取扱作品はこちら
» 弊社で取り扱っている楽譜リストをダウンロードできます 楽譜販売エムツープラン 商品カタログダウンロード(坂本文郎)



編曲への思い

「原曲」という言葉をよく聞きます。原曲とは何なのかと考えた時、私は作曲家の狙いがどこにあったのかを類推することに力を注ぎます。原調だからいいとか、オーケストレーション上使ってあった楽器をそのまま使用すればいいとは思いません。
A管のクラリネットをB管で書いた場合、演奏上かなり困難になりますし、何よりも最低音に問題が残ります。しかし、全体を半音上げた場合、響きが高くなりすぎたり、複数の楽章の連携が悪くなったりする場合もあるでしょう。
大切なことは、その曲を演奏した時に、作曲家の頭の中にあったイメージをできる限り忠実に再現することだと考えています。以下、編曲中に留意している点を、項目別に記します。

【編成について】
ブラスとオーケストラの編成を比較してみます。ブラスの大きな欠点は、低音域と高音域の楽器の種類が少ないことにあると思います。例えば、フルートと独奏ヴァイオリンの掛け合いがあった時、2種類の音色を出すのはかなり困難が伴います。低音も然りです。低音の場合は、一応コントラファゴットを多用して補っていますが、それが無い楽団がほとんどでしょうから、無くてもできるように書いているつもりです。
もう一つ、ブラスはヘ音~1点へ音の1オクターブを演奏できる楽器が多過ぎます。この音域を少し薄くしないと、全体の響きが重くなってしまいます。

【原調について】
オペラ等、独唱を含む楽曲は、基本的に原調です。独唱を入れて演奏することを意識しているからです。勿論、独唱を入れずに楽器のみで演奏する場合も考慮して、オプションも入れています。
管弦楽曲は、その調であることが最も大きな狙いの場合は原調にしますが、それ以外は楽器の音域を重視して考えます。ただ、複数の楽章がある場合は、連携を優先します。

【音色について】
作曲家が特定の楽器の音色を意識している場合は、勿論同じ楽器を使います。それ以外は、音色の変化が表現できるかが大きな問題だと考えます。

【アンサンブル作品の編曲について】
バッハの作品の中に、楽器指定のないものが多いのをご存知でしょうか?
アンサンブル作品の場合は、一つのパートについて、できるだけ多くの楽器が演奏できるように考えています。楽譜上の楽器が無いような場合でも、組み合わせを考えれば演奏の可能性が出てきます。

*編曲とは何でしょうか?
私たちが演奏を楽しもうとする時、できるだけ良い条件で古今の名曲を演奏したいと考えるのは当然だと思います。憧れのあの曲を音にする喜びは、できるだけ多くの方と共有したいものです。しかし、現実的には身近に常に必要な編成が揃えられるわけではありません。
楽団やグループの編成を前提として、その上でそれに合わせた楽譜を作成するのが編曲だと思います。ですから、本来は一つ一つの楽団の注文を受けて、1回限りの編曲をするのが当たり前なのです。
しかし、そんなことをしていては大変なコストが掛かり、結局何も演奏できなくなってしまいます。アンサンブル楽譜の項目に記したことは、そのフォローの一つの方法でもあります。
私は、私やM2PLANの他の編曲者の作品を、自分が指揮専門の編曲者であることを生かして、できるだけ使用して頂く楽団やグループの実情に合うよう、手直しに出かけたいと考えています。(1回限りの編曲には無理がありますので、フォローになればと思います。)手直しに出かけると、時間もコストも掛かるかもしれませんが、1回限りの編曲を行うよりは可能性があるのではないかと考えます。
何より、編曲とは・・・その楽団独自のもので、可能な限り楽団にとって良い条件の楽譜を作成すること・・・という思いを汲み取っていただけたら幸いです。